投稿

ザ・ランチ ~グルメ昼飯旅~

イメージ
  このページではランチの美味しいお店を紹介します。  本ブログ、初グルメです。ぜひご覧ください。  初めにご紹介するお店がこちら    横須賀にある アマルフィイ マリナブルー です。  こちらは横須賀ヴェルニー公園内にあり、窓いっぱいに横須賀の海が広がります。    スープから始まり、前菜、パスタ、メインにデザートも付きます。パスタやメインはメニューの中から選ぶことができます。こちらのランチコースが3.600円でした。なかなかの満足感でした。  料理、サービス、ロケーションと3拍子揃ったお店です。人気店なので、待ち時間が気になる人は要予約ですね。  アマルフィイ マリナブルー  神奈川県横須賀市汐⼊町1-1 ヴェルニー公園内  京浜急⾏汐⼊駅より徒歩約6分 JR横須賀駅より徒歩約5分  今回紹介するのは有楽町にあるこちらのお店   銀座スカイラウンジ です。交通会館上層階にあるので、ロケーションは最高です。窓からは東京駅も望めます。  以前は回転式だったそうです。    この日のメインは、子羊のグリル焼き。美味しくいただきました。  ワインも飲みたかったなあ。   銀座スカイラウンジ  東京交通会館15F 有楽町駅より徒歩1分  今回初めに紹介するのは Café 1869 丸の内店 です  丸善丸の内本店 3F にあるお店です   東京駅に近く、電車がよく見えます  入店時に注文して、空いている席に座ります  メニューは軽食中心ですが、ランチとしても・・・    続いて紹介するのがこちら M&C CAFE 丸の内店 です。  丸善丸の内本店 4F にあるお店です。  カレーや名物のハヤシなどのメニューがあります。  しっかり食べたいときは、こちらのお店がオススメです。  座席にもゆとりがあり、値段は3Fのカフェよりはやや高めです。  こちらのお店でも電車がある風景を楽しめます。  入店の際に窓際の席を希望できます。  今回は丸善丸の内本店にある2つのカフェをご紹介しました。  東京駅に近くアクセスしやすいお店です。  どちらも気軽に入れるお店です。     Café 1869 丸の内店  丸善丸の内本店 3F   M&C CAFE 丸の内店  丸善丸の内本店 4F  東京駅丸の内北口 より歩いてすぐ      今回ご紹介するのは川崎市幸区神明町に

バスの旅第10弾 ~南河原で花見&ランチ編~

イメージ
   いよいよバスの旅シリーズも10回目となりました。  というかまた花見です。  今回乗車したのは 川崎市営バス川74系統 です。この路線は ちょっと複雑 で、川崎から上平間・小杉方面に向かう場合は神明町→正教寺と進み、小杉方面から川崎に向かう場合と河原町循環は、神明町→都町→中幸町と進みます。   それでは、ラゾーナ広場より出発です!   神明町 で下車しました  近くには河原町団地があり商店や食堂も数多くあります。この辺りで昼食にします。バス停のすぐ近くに 洋食のフルーレ さん、 中華の海味館 さんがあります。どちらもおいしく地元でも人気のお店ですが・・・  今日はこちらの 海味館 さんにお邪魔しました   台湾ラーメン✕台湾炒飯のセット  辛いけれどとても美味しいです  値段もリーズナブル   河原町団地~さいわい緑道~南河原公園でお花見。住宅街なので、桜と人間との距離がほどよい感じ。   帰りは 都町 のバス停から再び 川崎市営バス川74 に乗り、川崎方面へ  往路 ラゾーナ広場→神明町 (川74) バス停5  復路 都町→ラゾーナ川崎  (川74)  バス停5    前回まで158+今回10=バス停貯金168   バスの旅第9弾 ~三ツ池公園でお花見編~ (kouyan-inogee.blogspot.com)    バスの旅第8弾 ~川崎鶴見臨港バスで多摩川スカイブリッジを渡る~ (kouyan-inogee.blogspot.com) バスの旅 第7弾 ~大師線 新春初詣スペシャル~ (kouyan-inogee.blogspot.com) バスの旅 第6弾 ~ヨコハマ ベイサイドブルー(横浜駅前~山下埠頭)編~ (kouyan-inogee.blogspot.com) バスの旅 第5弾 ~京町循環・川崎ディープサウス編~ (kouyan-inogee.blogspot.com) バスの旅 特別編(in 川崎市民祭り) (kouyan-inogee.blogspot.com) バスの旅 第3弾 ~夏休み編~ (kouyan-inogee.blogspot.com) バスの旅、第二弾! (kouyan-inogee.blogspot.com) 近場でバスの旅、始めました (kouyan-inogee.blogspot.com)

バスの旅第9弾 ~三ツ池公園でお花見編~

イメージ
     久しぶりのバスの旅です。  というか今回は花見です。   スタート地点は鶴見駅西口です。川崎鶴見臨港バス鶴07系統三ツ池公園行きです。   ギャラリーバスに乗り込み、いざ出発!   約15分で公園正門のバス停に到着です。バス停が公園入り口の目の前にあるので便利です。   川崎方面からバス で来ると、降りてから坂道をかなり歩くのでこちらの方が楽です。     県立三ツ池公園は、その名の通り3つの 大きな 池を持ち、それらは元々灌漑用に作られたものだそう。日本の 「さくらの名所100選」に選ばれるくらい、桜の名所として知られています。     正門に戻るつもりが南門へ出てしまい、帰りはタクシーを呼ぶことに。だらしないバス旅ですいません。   川崎に戻ってからも花見は続き・・・  こちらも絶賛開催中です!  バス停貯金 前回まで 148 +今回10=158 バスの旅第10弾 ~南河原で花見&ランチ編~ (kouyan-inogee.blogspot.com) バスの旅第8弾 ~川崎鶴見臨港バスで多摩川スカイブリッジを渡る~ (kouyan-inogee.blogspot.com) バスの旅 第7弾 ~大師線 新春初詣スペシャル~ (kouyan-inogee.blogspot.com) バスの旅 第6弾 ~ヨコハマ ベイサイドブルー(横浜駅前~山下埠頭)編~ (kouyan-inogee.blogspot.com) バスの旅 第5弾 ~京町循環・川崎ディープサウス編~ (kouyan-inogee.blogspot.com) バスの旅 特別編(in 川崎市民祭り) (kouyan-inogee.blogspot.com) バスの旅 第3弾 ~夏休み編~ (kouyan-inogee.blogspot.com) バスの旅、第二弾! (kouyan-inogee.blogspot.com) 近場でバスの旅、始めました (kouyan-inogee.blogspot.com)

今夜のロードショー

イメージ
このページでは 最近観た 映画を紹介していきます     プリシラ  ソフィア・コッポラ監督  エルビス・プレスリーの元妻、プリシラ・プレスリーの物語。  彼女とプレスリーとの出会いから別れまでを、女性からの視点で描いている。  随所に使われる音楽が素晴らしい。あの場面でサンタナも。  ラストシーンは泣けた。ここでも選曲のよさが光った。   二人の間に生まれたのが、リサ・マリー・プレスリー。彼女は後々マイケル・ジャクソンと結婚することになる。  監督はあのフランシス・フォード・コッポラの娘さん。  映画の後は王将で余韻を楽しんだ。  TOHOシネマズ川崎にて 2024.4   松田優作の狂気   角川シネマ有楽町にて   角川シネマコレクション| 松田優作 生誕75周年記念特集上映 (cinemakadokawa.jp)     蘇る金狼  松田優作主演  大藪春彦原作  ’79年 角川映画  主人公の朝倉哲也。二つの異なる顔を持つ。表の顔はうだつの上がらないサラリーマン。裏の顔は高度な格闘術を身に付け、銃の扱いに長けたソルジャー。これを松田優作が演じる。おもしろくないわけがない。  銃の細部へのこだわりなど、 原作の雰囲気をよく表現している。   格闘や戦闘シーンも魅力的だが、頭脳戦や駆け引きなども興味深い。  台詞もよく練られていて、松田優作のよさが十分に生かされた作品となっている。  「ねえ、ジュピターには何時に着くの?」  (成人向け)   野獣死すべし  松田優作主演  大藪春彦原作  ’80年 角川映画  殺伐としたシーンが続き、暗い気分になる作品。原作と較べると、背景や動機などの描き方があまく、なぜ?という疑問だけが残る。  松田優作の演技が鈍く怪しく光る。完全マニア向け、個人的にはおすすめしません。(成人向け)   探偵物語  薬師丸ひろ子 松田優作 ’83 角川映画  1983年といえば「時をかける少女」を見た年、当時原田知世派だった自分としては、薬師丸ひろ子にはあまり注目していなかった。あらためて見てみると、薬師丸ひろ子の魅力が伝わる作品である。  一方の松田優作であるが、この作品で彼のよさが生かされているかは、疑問の残るところである。あくまでも薬師丸ひろ子”主演”映画なのである。岸田今日子、財津一郎、荒井注などの共演者がいい味を出していた。主題